ノムリエ etzcoの 徒然クサッ
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 自分は自分の残り少ない時間をどう浪費しているのか | main | 毎日かけないブログ >>
雨、秋雨、一雨ごとに・・・
昨日のカラッとした天気とはうってかわって、
今朝はどんよりした厚い雲に覆われた空・・・
いつ雨が降り出してもおかしくないような、、、そんな天気。

おいらが出勤しようと準備を始めて、少しだけ外に出たとき霧雨だった。
「こりゃ本格的な雨になるのかな?」
と思いつつ、準備完了していざ出発、と、ドアの外へ・・・
「あれ、雨じゃん」
その時降っていた雨は、柔らかいシャワーのようだった。
霧雨の細かいつぶつぶが、そ
のままちょっとだけ、
水分を多く含んだような、
本当に柔らかいシャワーが天から降ってきたような感じだった。

職場の駐車場では、
降り出した雨が作った小さな小さな浅い水たまりに、
たくさんのスズメが集まっていた。
水を飲んだり、水浴びをしたり・・・
本当にたくさんのスズメたち。
「あ、そうか、しばらく雨なかったもんなぁ〜・・」
スズメたちのその姿は、本当に喜んでいるようだった。

この雨は、しばらく続いた雨のない大地に潤いを与えているんだ。
そうか、収穫期の今、ちょっとだけ疲れを癒すための休日なんだ。
忙しいこの時期だから、ちょっと休めよ・・・と。。
天からの贈り物の雨なんだ。

この柔らかシャワーのような細かい雨は、お昼過ぎまで続いた。

でもタダじゃおかない天の神様(^^)
14時を過ぎた当たりから、とてつもない豪雨に変化していった。
雨脚が強くなっただけではなく、風も強くなっていった。
ちょっとそこまで・・・
といいながら出かけることなんて絶対にできないような土砂降り☆

そんな大雨が振り付ける中、以前働いていたことのある本屋へ行った。
定期購読している雑誌の購入と、その雑誌定期購読の中止をお願いし、
欲しい本を予約していただき、
そしていろいろな日常の話などをしながらいろいろなことを感じ、、、
ふと振り返るとそこにあった本。。。
希望と絆―いま、日本を問う (岩波ブックレット)
おいらは「岩波ブックレット」というのを知らなかった。
見かけていたのに気づかなかっただけなのかもしれない・・・
手にとってはらりとめくった瞬間、これは!と思う、なにかを感じた。
多分その時にいろいろなことを感じていたことと、この本との出会いはつながっている。
これからじっくり読むのが楽しみな一冊・・・
すごく嬉しい。
これまた一期一会なんだな(^^)

強かった雨も、今は一段落・・・
雲の厚みも少しずつ薄くなっているようで、
もうすぐ満月を迎える月の明かりが所々透けて見えている。
色っぽい空だ。

明日はどんな天気の変化があるだろう・・・



JUGEMテーマ:日記・一般  
COMMENT









Trackback URL
http://know-miso.elab-design.net/trackback/11
TRACKBACK